hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗したTOEFLを振り返る?-Structure


引き続き6月に受けたTOEFLを振り返る。
今回はStructure、文法のセクションだ。

文法は日本人にとって稼ぎどころだと言われている。確かに、僕の高校時代も週3回くらいはグラマーの授業があって、英文法をやっていた。日本人は文法に時間をかけているのだ。

TOEFLの文法は、最後にあるWritingと合わせて30点満点の点数がつけられる。Writingはすぐに点数がつけられないので、郵便等でスコアが返ってくるまで、このセクション(Structure&Writing)の結果はわからない。試験終了段階ではこのセクションの点数だけは範囲で表示される。「7-25」と表示されれば、Writingが最低点だった場合このセクションは7点、逆にWritingが満点だった場合は25点がスコアとなる。最高の表示は「13-30」らしいので、つまり文法は13点満点だと考えてよいだろう。

この点取り問題で、僕は前回「7-25」だったので、250点を目指す者としては痛すぎた。

このStructureは、Listeningと同様Adaptiveテストである。つまり、受験者の出来次第で問題が変化していく。
文法セクションでは、いつも僕は頭の立ち上がりが遅い。最初の数問、あまりにも慎重になるからか。普段からすぐに「1問目から全開」というトレーニングを積まなくてはならないのだろう。

あとは圧倒的に練習不足である。杉村さんの「王道」に書いてあるように1500問をこなしていこう。


【7月3日の勉強内容】
リスニング&リーディング2時間
SSの完成編をやりだした。

みんなの英会話奮闘記

失敗したTOEFLを振り返る?-Listening


引き続きTOEFLの反省だ。
今回はリスニング。

リスニングはadaptiveテストなので、前半、特に最初の何題かは非常に重要だと聞いている。試験の結果を左右する。少し時間をかけて慎重に解くくらいがいいのではないだろうか。


さて、テストのintroductionも一通り終わり、リスニングのセクションが始まる案内が表示された。軽く深呼吸してマウスをクリック、試験の開始だ。若干緊張しているのが自分でもわかった。素っ飛ばすことも可能だが、今回はリスニング問題についての解説もじっくり聞いてみた。英語の耳鳴らしだ。おなじみの例題も集中して聞いた。とてもよく理解でき、詳細に聞けたのは、度重なる受験による慣れか。それとも己の鍛えられた「英語脳」によるものなのか。よくわからなかった。

PartAがスタート。短い会話文だ。PBTの頃は、2人のスピーカーがA→Bと話して終わりという問題からスタートするのだが、最近のTOEFLの傾向なのか、いきなりA→B→A→Bという問題だった。最初のA→Bが流れた時点で、勝手に「このBが問われるな。」と思い込んでしまったので、そのあと流れるA→Bで少し戸惑った。。
結局PartAは、そのときの感想としてはこれまで以上によく聞けていると自分では思っていた。なんの話題なのかはほとんど理解している。ただし、詳細はつかみ切れていないのか、「これは100%間違いない!」と自信を持って解答した問題はとても少なかった。guessして聞いている部分が多いので、自分の解答をファイナルアンサーして次の問題に進むのに時間がかかった。

次はPartBだ。講義の問題はかなり聞けていると思った。これは間違いなくSS基礎編を聞き込んだ成果だ。ただしLong Conversationは最悪だ。ひょっとして全く理解できていなかったのかもしれない。(こう言っている時点でもうダメか。)

結局、
・「英語脳」がまだまだ弱い
・会話文が弱い

ということがわかった。

これからは、
 →guessに頼らない聞き方を普段から心がける
  いつも詳細にツメをしっかり
  音読を毎日入れる

これから、ますますリスニングに注力していこうと思う。


【6月29日の勉強内容】
リスニング2時間
 →「SS基礎編」の80パッセージ&音読
リーディング30分
文法30分
 →風呂でやった。密室だからか意外に集中できる。
ボキャブラリー1時間
 →「リスニング完全攻略」にでている会話表現を叩き込む
ライティング30分

失敗したTOEFLを振り返る?-Reading

26日に受験したTOEFLを反省する。
まず、そこそこ点数を稼げたリーディングから。

TOEFLのリーディングははっきり言って点取りセクションだと思う。語彙のレベルで言えば、英単語3800のRank3までとSSボキャブラリー基礎編のボキャを完璧にすれば「何を言っているのか・・さっぱり・・」ということはなくなるだろう。もちろん知らない単語は出てくるが、概要をつかむ分には差し支えない。ただし、これで十分なわけではないということは、これから述べる僕の試験の様子からわかるだろう。

TOEFLリーディングセクションは、大問が4問で70分だ。TOEICと比べれば文章自体は長く、設問も多いが、時間的にも余裕がある。1問あたり15分の制限時間を自分に課し、終わらなくても次の問題に進むことを試験前に決めていた。こうすれば10分は時間が残り、気になった問題を見直せるのである。
あと、リーディングセクションは他のセクションとは違い、解答を「ファイナルアンサー」する必要がない。つまり、見直しや問題飛ばしが可能である。(他のセクションは「ファイナルアンサー」して次の問題が出てしまうと、もう2度と解答できない)

試験開始だ。
1問目。これが良いやり方かわからないが、僕は問題文を一通りきちんと読んでから設問にとりかかることにしている。ざっと問題文の分量に目を通す。アメリカの歴史の問題だ。が、意外と読み終わるのに時間がかかり、解答も3問くらいを残して(大問1問あたり設問が11あるようだ)15分が訪れる。時間がかかるということは僕の解答の質も心配だが、次だ。

2問目は急ピッチで読んで解く。ほぼ15分で完了。この文はOKだ。

3問目、細かいところを詰めて読みきれず、解答の際もかなり時間をかけて問題文を読み直してしまう。う~ん、これは時間がかかりそうだ、ということで解答を後回しにして4問目に進むことにする。

しかし、CBTの問題はマウスをクリックしても問題が切り替わるのが鈍い!!2秒くらい待つのではないだろうか!

4問目もほぼOKだったが、残した問題に取り掛かるために戻ろうとして、カチカチカチカチとマウスをクリックする。「早く画面切り替われ!!」気持ちが焦っている。この余裕のなさも敗因のひとつか。

このような感じで、結局時間をいっぱいつかってギリギリ終わった。
普段の勉強をしている感覚から言っても、時間がかかりすぎるものほど理解度も低い。大問3はかなり危ないか・・・。

これまで「英語脳」の訓練が中心だったので、今後は「解答力」も鍛えないといけない。僕は単語の意味を言い換える問題をよく間違えたりする。また文の挿入問題は、解答するのに非常に時間がかかるということが今回分かった。
まあ、いずれにしてもリスニングが20以下の段階では、「英語脳」という基礎力が不十分だ。解答のコツはあとでどうにでもなるだろう。まずはリスニング20を超えるように、英語を頭から解釈する力をつけていくことにする。
余裕だといいながら、結局時間ギリギリまでかかっているのだから。


【6月28日の勉強内容】
リスニング1時間
ボキャブラリー1時間

★コメントをもらっている「すなっくまま」さんのHPの内容は素晴らしい!実は昨日、コメントを頂く前に偶然にも検索に引っかかり読んで感銘を受けたところだった。TOEFL250をクリアしたその考え方を是非参考にしてほしい!
http://www.k3.dion.ne.jp/~kikyo/index.html

みんなの英会話奮闘記←是非ご参考に!

失敗したTOEFLを振り返る?

6月26日を振り返ってみることにする。
TOEFLを受けたことがない人のために若干詳しく書いてみる。
まずは当日の試験開始前まで。

Web上からTOEFLは申し込めるようになっている。ほぼ毎日試験は実施されており、Computer Based TOEFL(CBT)は東京2会場、大阪、それから今回僕が受験した新横浜で受けられる。午前と午後2回のスタートになっており、僕は朝が苦手なのでいつも午後を選んでいる。新横浜での受験は今回がはじめてだ。

TOEFL申し込みサイト:R-PROMETRIC
http://ac.prometric-jp.com/toefl/jp/online.html

前夜は、これまでやってきた単語カードや文法ノートをチェックして、普段より気持ち早めの2時に床に就く。この日は、普段寝られない分寝てやろうと思った。朝は9時に起きた。なんとなく腹の調子が悪かったが、まあそれほど気にならなかった。

身分証明書のパスポートを準備する。忘れたら大変だ、試験が受けられない。

一度受ければわかるが、CBTは受験者が一斉に「ヨーイドン」で始まる試験とは異なる。ひとりずつ呼ばれて、パスポートなどで本人を確認し、顔写真を撮影してもらい、自分の試験用パソコンへ案内される。マウスをクリックして、めいめいが試験を開始していく。パソコンはいかついデスクトップ機&角度の変わらないブラウン管モニタだ。
部屋ではすでに試験をはじめている人がおり、ヘッドホンからリスニングの音が漏れていたり、エッセイをタイプするカタカタという音がなっていたりする。
試験は13時からと案内されており、30分前には来るようにとのこと。会場まで1時間ちょっとかかるので、11時くらいに出発した。

日曜だったので、電車はすいている。出発前にいつものカフェイン剤を1錠飲む。電車の中では、聞き込んでいるSS基礎編をさらに集中して聞いた。

会場までは、新横浜駅を出てまっすぐ5分くらい歩く。道路沿いでビル(YSビル)もすぐにわかった。12時10分頃会場に到着。うーん、もう少し早くても良かったか。ビルのエレベータホールでもう1錠カフェイン剤を飲んだ。気合を入れる。

受付を済ませたあと、顔を洗って気を引き締めた。
頭もスッキリしているし、いけるかもしれないと本当に思っていた。
次回も、このような感じで直前は過ごそう。

そういえば、試験中お腹が空いてグルグルなっていた。試験は長丁場だ。どのタイミングで食事をとるかはポイントかもしれない。直前のお昼真っ只中だと眠くなったりしないだろうか、と考えて、僕は直前にゼリーを食べただけだった。

(続く)


【6月27日の勉強内容】
リスニング1.5時間
ボキャブラリー1.5時間
リーディング0.5時間
 →教材はこれまでのもの。しゃぶりつくす。

ハイスコア獲得に必須のツール


TOEFLを受けるのに、重要かつ不可欠な教材がある。


それは「TOEFL」だ。

PreparationKITや、PowerPrep(TOEFLを申し込むと無料で送られてくる)などでは駄目だ。
あのなんともいえない静かな雰囲気の中で、100円ショップにでも売っていそうな「フィットしない」ヘッドホンで周囲のキータイプの音や咳払いに神経質になりながらリスニングを受け、オレンジ色のヘッドホン型耳栓をしながらストラクチャーを解き、たった5分の休憩をし・・・。
この環境で、全力を尽くす。
何点取れるか。

同じ環境で、かつ一心不乱でとった点数であれば、それが例えどんな点数であっても宝物だ。
これからどのように、何をどのくらいやる必要があるのか。それをカッチリ示すコンパスを手に入れることができる。何が何点足らないのか、どうすれば良さそうなのか分析する。噛めば噛むほど良い。

TOEFLは、「練習や慣れのために受けるのではない」。
こういう気持ちだと、だらだらやってしまう。どうせ通過点だから練習だ、と。リスニングは、まあ20点とれればいいかな~、と。。。
これまで僕はそうしていたが、PRESENCEで間違っていると気づかされた。

TOEFL本番は、僕をアセスメントするためのツールだ。
だから全力でぶつかって得た結果でないと意味がない。


【6月26日の勉強内容】
TOEFL受験
リスニング3時間
リーディング1時間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。