hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞き流し英語ではマズイ

僕が赤ちゃんの頃、喋りだしたのがものすごく早かったらしい(もちろん日本語だが・・)。しかしある日母親が驚愕する出来事があったのだ。1歳そこそこでなんと!本を読んでいたというのだ!!
さすがに字は読めないだろうと思ったのだが、ちゃんと両手に絵本を持って読んでいる。「いや、まさか!この子は天才児か!?」と思った母が近づいて見てみると・・・。
その本は逆さまだったらしいのだ!!(笑)

どうも、母親が寝るときに読んで聞かせていた絵本を、丸暗記してしまったらしく、いつも母が読んでいるように本を広げながら丸暗記の台詞を話していたようである。

子供は言葉を覚えるために、全身全霊で音を聞く。「あーあー」とか「うーうー」とか言ってみる。そのうちに、パパやママが大喜びする発音を見つけて「パパ」とか「ワンワン」とかが言葉なんだと気づくのだろう。

ちなみに、実際に字を少し読めるようになった後でも、ぎこちなく本の短いフレーズを読んだ後で、母が「今なんて書いてあったの?」と聞くと、僕の返事は決まって「わからん。」だったそうである。

さて、余談が長くなったが、英語の勉強、特にリスニングやシャドーイングをしていて大事なのは「本当に今何を言っていたのかを理解できているか?」ということだ。
ちょくちょく自分に問いかけよう。
「今なんて書いてあったの?」
まるで親に聞かれているように、自分に問うのだ。
僕のように「わからん。。。。」なんてやっていたら最悪である。

がんばってディテールを再現させたい。
TOEFLではリスニングで25点を取るまでは「子供」なのだ。
全身全霊で音を捉えよう!!


【6月6日の勉強内容】
リスニング&シャドーイング1.5時間
→勉強時間は取れなかったが集中できた。「わからん。」は少なくともないレベルだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hideken.blog10.fc2.com/tb.php/19-7a6f8f9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。