hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を英語のまま理解する勉強法 その1

先週はたくさん時間を使った単語で惨敗、おかげでリスニングにも思ったほど時間をかけれなかった。こんな、後悔ばかりしていてはどうしようもない。

今日は休みなので、都内の図書館にこもって勉強することにした。
一週間のリスニングのため入念な準備をするのである。

アルクさんに「ヒアリングマラソン」という教材があるが、やはり大量に英語のシャワーを浴びなくてはならない。が、問題はその聞き方である。MBAに留学中の僕の友人は、「ボーっと聞き流すくらいなら聞かないほうがマシなくらいだ」と言っていた。

今、自分が勉強してみて思うのは、英語をBGMのように「聞き流し」すると、本当に集中しないといけないような場面(たとえばTOEFL本番)でも「聞き流し」グセが抜けないのだ。もちろん日ごろの勉強においても、ちょっと気を抜くと「お宝の教材」がたちまちBGMになり、最悪の場合「子守唄」になる。そんな変なクセをつけるくらいなら友人の言うように聞かないほうがいいだろうと僕も思うのである。

英語を英語のまま理解するためには、「知っている文章」を何度も聞くことが有効だと聞き、僕は今それを実践している。だからリスニング用の教材ではスクリプト(英語の原文)が必要であり、さらには聞き始める前にそのスクリプトを万全に分析しつくす必要がある。

今日は、新しい教材に取り組むためにその「事前準備」を丸一日かけて行った。
明日は、教材(オススメ)の紹介と、その事前分析をどのようにやったかを紹介したいと思う。


★ブログにはTOEFLの勉強にあたり参考になるものがたくさんあることが分かった。
 すでにスコアゲットした人、主婦の人、学生さん、いろんな人の勉強法から
 自分のスタイルを確立したいと思う。
 →ココを見てみよう!!皆さんの毎日、参考になります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hideken.blog10.fc2.com/tb.php/17-cdd62c3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。