hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICレコーダーを活用しよう

リスニングやシャドーイングの際に、僕が武器としているのがICレコーダーだ。最近のものはパソコンとの連動も容易にできるので、簡単に教材付属のCD音源をコピーできる。僕がつかっているのは、SONYのICD-SX55という機器だ。STというステレオ高音質モードで録音しても12時間弱くらい記録できる。CDまるごとで10枚くらいは一気に入る。音質も悪くない。

ICD-SX55
IC.jpg


そのほかにも次のような機能を英語学習で活用している。

・聞き取れないところを繰り返し再生する「A-B間リピート」
・程度の微調整も可能な「スロー再生・早回し再生」
・当然、自分のシャドーイングの出来を録音可能
・機器本体で音源の分割・消去が可能
 →リスニングCDを繰り返し聞くときに、設問の部分("What are they talking about?"など)や、解答するために設けられた無音部分をカットして、本文だけが流れるように編集する。これは大きい!!

ポータブルMDや、はやりのMP3プレイヤー等では、このような「使える機能」が不十分だ。MDやCDをがちゃがちゃ入れ替える時間も少しもったいない気がする。

財布が許すなら、ICレコーダーで効率を買うことをオススメしたいと思う。

【5月31日の勉強内容】
■リスニング1時間
 →アルクの速読速聴を、もちろんICレコーダーで
■英単語1.5時間
■英文法0.5時間
 →昼ごはんを食べながら、会社のPCで「文法問題440」付属のCD-ROMを利用して問題を解く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hideken.blog10.fc2.com/tb.php/13-545a4d97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。