hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その英単語使えてますか?

問題のリスニングで、また自分の課題を発見!
せっかく英単語3800で積み上げてきた自分のボキャブラリーが全く役に立っていないことに気がついたのだ。

英単語3800のRank3に"debris"(瓦礫)という単語がでている。
単語テストにでも出ようものなら絶対に正解できる、僕の中のデータベースには確実に存在するはずの単語だった。

ところが、これがリスニングで音だけ聞こえたり、あるいはリーディングの文章中にほかの単語と混ざって出てきたりすると「あれ!?」となってしまう。一瞬でも「あれっ?」なんてなったら負けだ。僕にとっての"debris"は知ってるつもりの知らない単語だったのである。使えない単語だったのだ。

そう思ってリスニングのスクリプトを見ると、一瞬でも躊躇する表現が結構ある。構文的なものも含めて。
皆さん、これはどうだろうか?躊躇せず意味がとれるだろうか?
(当然、当たり前のように意味がとれる人もたくさんいるだろう。)

"Few people imagined that ---."

"How difficult it would be to upgrade the infrastructure."

"the drought-stricken countries"

単語や文法(構文)は、知っているだけでは全く意味がないと思った。
今僕は飲み込んでいるだけだ。
血となり肉となってはじめて使えるようになり、スコアにつながるのだと思う。
こういう意味においても、リスニングは素振りなのである。何回も繰り返し同じものを聞いて、このような表現を体得していくのだ。

【勉強内容】
■リスニング1.5時間
■英単語1.5時間
■文法0.5時間


スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2010/06/27(日) 12:44:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hideken.blog10.fc2.com/tb.php/12-b986c40a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。