hidekenのTOEFL勉強日記

3ヶ月間でTOEFL200→250点をとることを目指しての挑戦を日記に記録していきます。勉強の中身だけではなく、毎日あった出来事や将来のビジョンについても考えていきたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単語をすり込む


覚えてきている英単語がするすると抜ける。せっかくやってきたのに、とても悔しいことだ。

ここまで積み上げてきたボキャブラリーは
・英単語3800のRank3まで:約3000語
・SS基本編、応用編の2冊:約1500語

今年から留学のため渡米した友人が言っていたのは、英単語3800のRank3まで完璧にすれば、TOEFLレベルのリーディングでは困らないと言っていた。
これらの単語を覚えるために作ってきた約1000枚の単語カード。今週は、これをもう一度叩き込む。
僕は昔から参考書とかが大好きだが、飽きっぽい性格が災いして、やっている最中からまた次の参考書に手を出したくなるタイプだった。しかし、今回は違う。英単語3800などは、ボロキレのようになった。SS基本編も同様だ。
でもまだ覚え切れていないのは、僕の集中力が足りないからか。
単語をチャッチャカやりすぎて、左手が腱鞘炎ぎみだが、人生で一回くらい腱鞘炎になってもいいだろう。

次のTOEFLに勝負をかけたい。

スポンサーサイト

中途半端な結果


17日にTOEFLを受けてきた。
約3週間ぶりの試験は、可もなく不可もなくといったところか。

L:20
S:11-28
R:25

187-243

ライティングが非常に書きやすい文章が出たので、4.0は確保できていると思う。しかしそれでようやく230点だ。やはり250点の道は険しい。

リスニング21点を超えるまでは、まだ「よちよち英語脳」だと言う。あまりテクニックに走ると、今度は23点を越えるのが大変らしい。僕はまだこのヨチヨチ段階なので、まずはテクニック無しで22点が目標だ。22点を超えたら、TOEFLに特化した解答力をつけ、一気にL25突破を目指す。

Sは、勉強したら13点(満点)取れるだろうなあという実感を得た。1500問の文法問題をマスターし、翌月は狙う。

Rは、ここからはかなり厳しい。ただ、英語脳がヨチヨチだということは、リーディング改善の余地も多分にあるということだろう。

以上、これからも、やるべきことは変わらない。「英語脳」が完成するまで、執着する。

同じ教材を聞き続ける勇気を!

確かに、同じ教材を何度も聞いているうちに、意味を記憶してしまうのだ。だから聞いているうちに、ついつい英語を分かった気になってしまう。それで、次の教材に行きたくなる。

でも実際には、100%で英語を聞くためには10回やそこら同じものを聞いたからといってできるものではない。

次のことを試して見て欲しい

?シャドーイングで自分の声だけを録音
僕はいつもはICレコーダーで聞いているのだが、たまに元の音源のCDから直接聞くことがある。その場合は、ICレコーダーを自分の声を録音するために使う。一回やってみて欲しい。自分のシャドーイングを聞いてみるのだ。
余りにもひどい発音をしていて情けなくなるから。
一緒にスクリプトもチェックして欲しい。でたらめを沢山やっているから。

?音読する
何回か聞いて完璧だと思った人は、スクリプトだけを見て音源を頼りにせず読んでみて欲しい。
まずは発音でつまづくだろう。
しゃべれなくて驚くから。あれ?アクセントどこだっけ?となるから。
ど、、どうやって言ってるんだ!!?と沈黙するから。
そうなったらアウトだ。
逆に自分がしゃべれるようになると、聞けるような気がする。
それから、音読しながら意味を取っていって欲しい。
理解しながら頭から読めるだろうか? リスニングやシャドーイングの時に聞けていると思っていても、それが「聞けているツモリ」なのかどうかがハッキリする。

昨日も書いたが、僕の仲間はかなり音読にはまっている。
効果的なトレーニングだ。


【7月13日の勉強内容】
リスニング1時間
英単語0.5時間

あまりにも寝不足が深刻で仕事に影響がでたので、早めに切り上げた。



★みなさんからのコメントもお待ちしてます。

★ほかのブログも是非参考に!→おすすめリンク集
★ほかのブログも是非参考に!→みんなの英会話奮闘記

英語的発想の訓練をする


ライティングで出される問題は、TOEFLを主催するETCから公表されている。
全部で185のパッセージがあり、これらの中からひとつが出題されることになる。洋書の中には、この全ての解答例が書かれたものがあるので、まるごと暗記するという方法もない訳ではない。劇団に所属し台詞をすぐに覚えてしまうような人ならそれもいいかも知れない。

しかし、僕のように30を過ぎ、たかが英単語でさえ覚えた3日後にはごっそり忘れてしまうくらいであれば、現実的な方法とは言えないだろう。
僕がライティングを苦手とするのは、もちろん英文を作ることそのものも苦手なのだが、そもそも問題を日本語で出されたとしても何を書こうか考えるのにものすごく時間がかかり、かつしょぼい文になるのだ。
こうなるともはや英語力だけの問題ではなく、エッセイを構成する発想が足りないということになる。

ライティングの出題パターンは大体4通りあるそうだ。
その出題パターンを「TOEFLテストライティング・ゼミ」でイメージする。この本には、ETCの問題も150取り上げられていて、かつそのうち何問かは本文の中で解答例も出ているから便利だ。

TOEFLテストライティング・ゼミ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827515395/
ライティングゼミ

まずは英語ではなく、日本語できちんと「パターンに沿って」解答できるように訓練している。問題に対して自分の意見をサポートできる例を3つ、すばやくだせるようにする。もちろん、その際にも、その後英語で書くということを十分意識しないといけない。「アインシュタインは相対性理論の中でこういっている。○×△・・・。」みたいな例は、あとで英語にできないのだ。


【7月12日の勉強内容】
リスニング2時間
SS完成編を聞き込み中。presenceの仲間ではこれを音読するのが流行っているようだ。音読と同時に意味をつかむのはやってみると難しい。
文法1.5時間
→今頃になって仮定法がわかってないことに気づいたりしている。。
ボキャブラリー30分

みんなの英会話奮闘記

ヤマ場


最近、更新ができてなくてすみません。
仕事がたて込み、かつTOEFLもいよいよ山場を迎えている。


Presenceの仲間たちの中には、いよいよ250点へあと一歩という方もでてきた。もちろん僕のようにまだまだという人もいる。しかし、モチベーションを下げるような人は一人もいない。ここからが本当の正念場だ。

それぞれが、英語を英語のままカッチリ理解していく「英語脳」をきちんと作っていくことと、それをサポートする単語力・文法力といった基礎に2ヶ月たった今でも力を入れている。変わったことをする必要はないし、大量に教材を抱え込む必要もない。いたってシンプルである。

ただ、シンプルなばかりに、勉強が単調にならないよう各自が工夫しているようではある。そういう意味においては、週に一回PRESENCEのセッションに参加して、コーチの話を聞いたり、仲間に会ったりするだけで一気に気持ちが引き締められるわけである。

今週末に、新横浜でTOEFLのリベンジだ!

TOEFL250点ゲッターの試験の受け方


ある方の話。

TOEFLという試験は、すでに紹介しているとおり4つのセクションから成り立っており、コンピューターベースのテスト(CBT)はその名のとおりパソコンと向き合って試験を受ける。紙の代わりにディスプレイを見る。そして、ペンの代わりにマウスを握る。
そのTOEFLのCBTで270点をゲットするある人は、試験時の各セクションの受け方は全然違うのだと言う。

リスニングは、「ふむふむ」ではなくて「アハ~ン」とか言いながら、すっかり外国人気分で聞く。Conversationなどは情景をイメージしながら。全て完璧に聞くのは難しいが、解答に必要な要素は拾っているようなイメージだという。全体の中では8割聞けているというような感じらしい。気持ちのどこかに余裕をもって。

次のストラクチャーは、打って変って超集中モード、1問30秒の臨戦態勢でいくそうだ。ただし、承知のとおりadaptiveテストなので最初の数問は少し時間をかける。時間が余っても前の問題に戻ることができないので見直しができないからだ。絶対満点だ!という自信を持って終わるそうだ。

休憩で一息いれ、リーディング。これは比較的時間が余るという。問題は一回で意味をとれるよう、カッチリ読み込む。ここは神経質なくらいのテンションでいくようだ。ミスがないようにないように。。
杉村太郎さんがおっしゃっていたのは、1問15分までしかかけないというルールを自分の中に作るということ。15分で、万が一時間が足りなかった場合、あってはならないがその場合だけは「追加1分」の特別ルールをその問題に対して適用するのだということだ。それを超えたら、次の問題に進む。思えば太郎さんは「自分のルール」ということに非常に厳しい。野球はストライクが3つきたらアウトなんだ、それと一緒だとおっしゃっていた。当然、太郎さんも250点を獲っているので(実際何点だったのか知らないが・・笑)、自分のルールを守れるということはTOEFLでスコアを狙う者に必要な要素なのだろう。
リーディングも、2,3問を除いては絶対に間違いないという感じらしい。残りの時間で、その2,3問を入念に検討するそうだ。それが1問あっているか2問あっているかでスコアが28だったり29だったりするそうである。

最後のライティングは、ここまでの受身の試験のストレスを吐き出すように一気にいくそうだ。ただし、最後に「絶対に」見直しをする。「絶対に」2~3個くらいは文法的な間違いが見つかるという。


失敗したTOEFLを振り返る?-Writing

Writingセクションは本当に苦手だ。困っている。
とは言うものの、今は「英語脳」の完成が優先であり、後回しすべきか。

先日のTOEFLでも、案の定失敗した。(まだスコアはわからないが)
当日を振り返ろう。

何度も書いているが、試験当日は気力も実に充実しており、試験のラストを飾るこのセクションでも気合十分だった。ただ、僕の場合は英文がすらすら出てこないので、構成を一気に行いできるだけ早めに書き始めるつもりだった。

最初の5分で、全体の構成を考えるのだが・・・。
僕は実はこの部分は日本語でも苦手としている。
「例を挙げて意見を述べよ」と言われても、例が出てこないのである。結局5分のつもりが8分くらいかかってしまい、しょぼい例を思いついた。

しょぼい例で、ヘンテコリンな英語を書くわけだから、これはこれは素晴らしいエッセイが書きあがった。。しかも時間ギリギリだ。

というわけで、Writingは相当特訓しないといけない。
まずは、TOEFLで出題される185問題をいくつかピックアップして、日本語ならどう書くのかクイックにできるようトレーニングを積みたい。


【7月4日の勉強内容】
リスニング&リーディング1時間
文法1時間

失敗したTOEFLを振り返る?-Structure


引き続き6月に受けたTOEFLを振り返る。
今回はStructure、文法のセクションだ。

文法は日本人にとって稼ぎどころだと言われている。確かに、僕の高校時代も週3回くらいはグラマーの授業があって、英文法をやっていた。日本人は文法に時間をかけているのだ。

TOEFLの文法は、最後にあるWritingと合わせて30点満点の点数がつけられる。Writingはすぐに点数がつけられないので、郵便等でスコアが返ってくるまで、このセクション(Structure&Writing)の結果はわからない。試験終了段階ではこのセクションの点数だけは範囲で表示される。「7-25」と表示されれば、Writingが最低点だった場合このセクションは7点、逆にWritingが満点だった場合は25点がスコアとなる。最高の表示は「13-30」らしいので、つまり文法は13点満点だと考えてよいだろう。

この点取り問題で、僕は前回「7-25」だったので、250点を目指す者としては痛すぎた。

このStructureは、Listeningと同様Adaptiveテストである。つまり、受験者の出来次第で問題が変化していく。
文法セクションでは、いつも僕は頭の立ち上がりが遅い。最初の数問、あまりにも慎重になるからか。普段からすぐに「1問目から全開」というトレーニングを積まなくてはならないのだろう。

あとは圧倒的に練習不足である。杉村さんの「王道」に書いてあるように1500問をこなしていこう。


【7月3日の勉強内容】
リスニング&リーディング2時間
SSの完成編をやりだした。

みんなの英会話奮闘記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。